エコノミークラス症候群の予防法

エコノミークラス症候群の予防対策としては、まず、できるだけ体を動かすようにして、定期的にトイレなどで席を立ったり、手足を動かしたり、ストレッチをする、などが有効です。
できれば1時間に1回程度は足の運動をしましょう。


また、飛行機内は乾燥しているため、水分を5時間で1リットルを目安に飲みましょう。
アルコールやカフェインは、利尿作用により体内の水分を減らし、エコノミークラス症候群が発症しやすくなるため出来るだけ控えましょう。