エコノミークラス症候群

エコノミークラス症候群とは?

エコノミークラス症候群とは、飛行機などの乗り物で長時間座っていた人に起こる、深部静脈血栓症に伴った急性肺動脈血栓塞栓症のことです。

飛行機や車などの狭い座席に、長時間座っていることが原因で血行不良が起こり、脚の静脈に血栓(血の塊)ができ、この血液の固まりが、脚から肺に運ばれ肺動脈が詰まり、酸素を取り込めなくなってしまうのです。
また、血栓は脳や心臓に移動して、脳卒中や心臓発作を起こすこともあります。


飛行機のエコノミークラスの乗客からの発症が多く報告されているためこのように呼ばれていますが、座席のクラスに関係なく、また航空機以外の交通機関や劇場でも一定の姿勢のまま長時間動かなければ、同様の危険があるとされています。


エコノミークラス症候群は、一定の姿勢をとっている時間が長いほど起こりやすく、長時間のフライトの後、空港につくやいなや、倒れて死亡する、というショッキングな例も報告されてます。
成田空港でも、軽症を含め、年間100~150件ぐらい発生しているようです。

エコノミークラス症候群の予防法

エコノミークラス症候群の予防対策としては、まず、できるだけ体を動かすようにして、定期的にトイレなどで席を立ったり、手足を動かしたり、ストレッチをする、などが有効です。
できれば1時間に1回程度は足の運動をしましょう。


また、飛行機内は乾燥しているため、水分を5時間で1リットルを目安に飲みましょう。
アルコールやカフェインは、利尿作用により体内の水分を減らし、エコノミークラス症候群が発症しやすくなるため出来るだけ控えましょう。

edit