パニック症候群の治療法

パニック症候群(パニック障害)の治療には、主に、薬物療法と、精神療法があります。


薬物療法では、抗うつ薬として、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)などが使用されます。

以前からあった「三環系抗うつ薬」「ベンゾジアゼピン系抗不安薬」は副作用があり、副作用の少ない薬としてSSRIが使われるようになってきています。

また、抗不安薬が使用されることもあります。


精神療法では、「認知慮法」「行動療法」などが行なわれます。

認知療法とは、パニック発作が起きると思われる状態に、想像的、体験的に身をおき、その状態でパニックを起こさず冷静に、感情のコントロールができるような訓練をします。

行動療法とは、実際にパニック発作が起こる場所に対して、あえて行き、段階的に慣らしていく、という方法です。


パニック症候群は、少なくとも、重大な結果にいたる病気ではないので、病気だと割り切って、客観視して、地道に前向きに対処していくのがよいでしょう。
また、ある程度時間をかけ、徐々に回復していく病気なので、焦らず、気長に、治療にあたるといいでしょう。