過敏性腸症候群とは?

過敏性腸症候群とは、腹痛と便通異常を主体とする消化器症状が続くが、その原因として身体的な検査をしても器質的な異常がなく、機能面での異常だけが認められる病気です。

過敏性腸症候群の原因は、主にストレスです。
ストレスによって、不安や精神的圧力などを受けると、脳から自律神経を伝わって、胃や腸などに伝達され、胃腸の機能的な異常を起こしていると考えられています。

また、高カロリー食や、高脂肪食が原因となることもあります。