月経前症候群の治療法(食事面)

月経前症候群(PMS)の治療には、食事とストレス対策が必要です。

様々な栄養素が不足すると、月経前症候群の病状がひどくなると言われていますので、バランスのとれた食事をし、規則正しい生活をしてストレスをあまり溜め込まないようにしましょう。

バランスの取れた食生活をしている人では、月経前症候群の病状が軽い、というデータもあります。
また、月経前症候群の前にはむくみやすくなるので、塩分控えめにしましょう。


また、以下のような食べ物は、月経前症候群を悪化させると言われています。

①「カフェイン」
イライラ、抑うつなどの精神症状を悪化させるといわれています。
コーヒー、チョコレートは控えめにしましょう。特に、チョコレートは月経前症候群に良くないと言われています。

②「アルコール」
月経前症候群の時期には、いつもより少しのアルコールで酔いやすくなります。二日酔い・悪酔いもしやすいそうです。

③「タバコ」
月経前症候群を悪化させると言われています。