月経前症候群とは?

月経前症候群とは、PMS(Premenstrual Syndrome)とも呼ばれ、女性の生理のだいたい2週間前から起こる様々な不調のことを言います。
この不調は、一般的に、排卵から月経開始までの時期に現れ、黄体ホルモンの影響によると言われています。

同じ症状が、周期的に現れ、また、症状は、排卵から月経前の「黄体期」に出現し、月経終了後の卵胞期には消失する、ということであれば、「月経前症候群」とされます。