メタボリック症候群

メタボリック症候群とは?

メタボリック症候群(代謝症候群)とは、「メタボリックシンドローム」とも呼ばれ、心臓病や脳卒中を引き起こす危険の高い状態をいいます。

WHO(世界保健機構)によると、この症候群にかかっている人は、現在、世界的に増え続けており、アメリカでは、実に成人の30~40%もの人が該当しているそうです。

また、日本人では特に中年以降の男性に多く、一般の人の中で5人に1人くらいいることが判明しています。


メタボリック症候群は、「肥満」、「糖尿病」、「高血圧」、「高脂血症」などの危険因子が集積する病態であり、「死の四重奏」と呼ばれていましたが、現在は「喫煙」を加え「死の五重奏」と言われています。

また、肥満にも男性に多い内臓脂肪型肥満と女性に多い皮下脂肪型肥満がありますが、リスクが高いのは内臓脂肪型肥満で、ウェスト周囲に注意することが必要です。

メタボリック症候群は、致死的な病気を発症するまで通常は無症状ですが、時に急性心筋梗塞などを発症し、場合によっては死につながることもある、潜在的に危険な状態と言えるでしょう。

メタボリック症候群の予防法

メタボリック症候群は、蓄積した内臓脂肪が引き起こすと言われていますから、メタボリック症候群の予防法は、まず、内臓脂肪を減らすよう、肥満を解消することが大事です。

①有酸素運動で、内臓脂肪を予防しましょう。

②食事では、早食い、まとめ食い、朝食抜き、夜食、間食をさけ、脂肪の摂取を制限すること、食物繊維を多く摂取するように心掛けましょう。

③禁煙、適切な飲酒量を守ることも大切です。


また、メタボリック症候群によって起こる、動脈硬化から進行する心筋梗塞や脳卒中といった、突然死は、急な発汗などによって脱水状態になり、血液がドロドロになることによって起こりやすくなります。

ですので、運動やサウナの前後には、適宜水分を摂取するようにしましょう。

また、脳梗塞や心筋梗塞で突然死した人は、3人に1人が、就寝中に突然発作が起きて死亡しています。
ですので、寝る前と起きた直後に水を飲むようにするといいでしょう。

edit