アスペルガー症候群とは?

アスペルガー症候群とは、いわゆる自閉症の一つのタイプで、LD(学習障害)や知的障害と同じ発達障害というグループに属しています。

 「知的障害がない自閉症」とされており、認知や言語発達など、知的に遅れのある人はほとんどおらず、「高機能自閉症」とも言われています。

当初はまれな障害とみられていましたが、最近の研究では、200~300人に1人の割合で存在するらしいということがわかってきています。

アスペルガー症候群の原因は、親の育て方などではなく、出産時や出生後など早い時期に、何らかの理由で脳の一部に障害が生じたのだろうと考えられています。