アスペルガー症候群の病状

アスペルガー症候群の病状は、「社会性」「コミュニケーション」「想像力」の3つの特徴を持ちます。

・ 「社会性」とは、他の人と一緒にいるときに、どのように振る舞うべきかと、ということです。

・ 「コミュニケーション」とは、自分の思っていることをどう相手に伝えるか、相手の言いたいことをどう理解するか、ということです。

・ 「想像力」とは、ふり遊びや、見立て遊び、こだわりと関係しています。
アスペルガー症候群の子供は、想像力が欠如しているために、想像力の必要な「自分が○○だったら」というような「ふり遊び」の少なさ、融通の利かなさ、に現れ、コレクションや反復的行動、融通のきかなさとして現れます。

以上から、アスペルガー症候群の人は、高い知能と社交能力の低さを併せ持つと考える人もいます。