アスペルガー症候群であったといわれている歴史上の人物

アスペルガー症候群は、一般に発育と同時に病状が目立たなくなる、と言われています。 
人によって障害の度合いは千差万別であり、また大人になってからも、その人にあった分野で仕事をしている人もいます。

アスペルガー症候群の子供は、自分の興味を持つ分野に、網羅的かつ微細に入るまでの、大学教授のような知識を持っている場合もあり、そのようなことから、「技術者タイプ」が多く、プログラマーやNASA職員などにも多く存在しているようです。
歴史上の人物では、「アルバート・アインシュタイン」や「トーマス・エジソン」「ビル・ゲイツ」「織田信長 」もアスペルガー症候群であったと言われています。