症候群の種類・症状と治療法へようこそ

アスペルガー症候群,睡眠時無呼吸症候群,メタボリック症候群,ギラン・バレー症候群,ネフローゼ症候群,月経前症候群,慢性疲労症候群,過敏性腸症候群,パニック症候群,胸郭出口症候群,レット症候群,エコノミークラス症候群,などに関する情報を提供しています。


症候群の種類・症状と治療法項目一覧


最新記事
ギラン・バレー症候群の治療法

ギラン・バレー症候群の治療法としては、以下のような方法があります。

・「血漿交換」

 血液中の有毒物質をフィルターで取り除きます。

 ※日本の健康保険の範囲内で治療を受けられるのは現在、単純血漿交換療法だけです。


・「免疫グロブリン療法」

 免疫グロブリンを大量投与します。機能予後の改善のため、現在では早期から投与することが推奨されています。


その他、ステロイドは有効性が証明されておらず、病気を悪化させることもあるため、今では使用されていません。


なお、急性型のギラン・バレー症候群は、急速に悪化するために緊急治療が必要で、ただちに入院して治療を受ける必要があります。

適切な治療を開始するのが早いほど、良好な治療結果が期待できます。また、関節と筋肉の機能を維持するため、理学療法がただちに開始されます。

ギラン・バレー症候群の5~10%の人は、呼吸をコントロールしている筋肉が非常に弱くなるため、人工呼吸器が必要になる場合があり、また、租借するための筋肉も筋力低下が起こることがある、約10%の人は静脈栄養や腹壁を通して胃に栄養を送るチューブが必要になる場合があります。

 
胸郭出口症候群とは?

胸郭出口症候群とは、神経や血管が、胸郭出口から出る近辺で骨や筋肉の変位によって圧迫されるために、首、肩、腕などに症状が出る病気です。

ここで、「胸郭出口」とは、「鎖骨」と「一番上の肋骨(第一肋骨)」と「斜角筋」が造るすき間のことです。

胸郭出口症候群には、原因によって「肋鎖症候群」「斜角筋症候群」「過外転症候群」「頚肋症候群」の種類があります。


上肢の神経は、脊椎椎間孔から脊椎管の外へ出てから、腕、手へいきます。腋の下を通過するまでに、筋肉や鎖骨と肋骨の間などとても狭いところを、腕に行く血管と一緒に通過します。
女性などで「なで肩」の人は、この通路が特に狭く、病状が起こりやすくなります。

このようにして、神経・血管が圧迫されて起こるのが、胸郭出口症候群です。


 

link
子供服ブランド 注目のWEBサイト